マナブ

 

 

こんにちは、工藤拓哉です。

 

今日はマナブログさんの発言を考察するというコンテンツにしてみました!

 

今日はたまたまこのような動画を見つけてきましたが、

正直マナブさんののブログを結構参考にしてライティングすることも多いし、情報源のネタもめちゃくちゃ多いです。

今や多くのアフィリエイターが参考にしているネタを動画で定期的に配信しているのがマナブさんですね。

 

僕みたいなまったく顔出ししない人とは正反対のような存在でして、情報発信においてはどんどん公の場で公開します。

 

僕が思っていることをズバズバ言っていきますので、人によってはいろんな 意見があるかと思われます!

 

賛否両論はあると思いますのでよろしくお願いします。

 

マナブさん とは?

 

本名 坂内学(ばんない まなぶ)

 

生年月日 1990年05月24日 (29歳) らしい???

 

設立したブログ

 

manablog (2013年3月~)

 

運営しているチャンネル

 

マナブ (2016年8月21日~)

 

 

発信している分野

 

・プログラミングエンジニア

・アフィリエイトブロガー

・SEO

 

 

今までの経歴と実績

 

2017年7月以降 毎日記事更新継続中

 

 

チャンネル登録者12万人

ツイッターのフォロワー 11万9000人

 

ざっくりまとめるとこのようなデータが取れました。

数字で見ると圧倒的なインフルエンサー力を持っていると言えます。

 

インフルエンサーを0のままブログを始めたとしましょう。

 

副業に興味がある人しか検索されません。

 

 

そうなると他の同じようなライバルサイトと似たり寄ったりでその中から有 益な情報発信をし続けないとなかなか物理的に稼げないものだったりします。

 

もっと言ってしまえばアクセスが取れるものをターゲットにして書いたとこ ろでもインフルエンサー力のあるライバルと比較すれば

アクセスボリュームが雀の 涙もいいところなのかもしれませんね。

 

これからの時代は副業と言われていますが、YouTube上で表示される再生回数 はだいたいこの程度のレベルです。

 

ネットビジネス系の副業とはかなり検索される確率って物理的に低いのが特徴だと思います。

 

このジャンルでかなりの有名人なのが今の所マナブさんであったり、

イケハ ヤブログと言った位置づけであると世間的には認知されているといったとこ ろでしょうか?

 

とりあえず言えるのは、いくつか上げられます

 

・2013年からネットビジネス歴を始めている

 

つまりはかなりの古株の人だと言えます。

2013年と言えば、ネオヒルズ族が発足された時代でもあります。

 

 

・12万円のプログラミング情報商材を運営している

 

プログラミング系統を初めとした内容で構成されている内容です。

 

・法人企業を相手にコンサルティングサービスを実施している

 

巷では、Web担当者に比較的高額な料金をもらい、コンサルタントもしている 様です。

 

一つポイントとなっているのがサービスを提供する商品の価格相場がかなり 高いのが僕の見る限りの印象じゃないかな? っと思います。

毎日記事も更新しているだけじゃなくて、動画も“毎日”更新しています。マジメだと思います。

 

 

僕は先日1日1記事更新し続けるのは反対という記事を作りました。

 

↓ ↓ ↓

 

 

1日1記事を作ろうと意識するのは反対説!

 

 

↑ ↑ ↑

 

ただマナブさんの場合だとまったく正反対です。

 

最近のブログネタの傾向としては

 

・FX

・時事ネタ

 

 

中にはゲーム実況で稼ぐ方法なんて記事をありました。

 

何を書いても稼げるからこんなに素朴なテーマを題材にしても記事は読まれ てしまうんだろうなーっていうのが僕からの思った意見ですね。

 

さてさて、ここでようやく話の本題に入りましょうかね。

 

ブログは稼げない説は間違いだと提唱したマナブ氏の発言の意図とは?

 

動画のソースはここに貼っておきます。

 

【朗報】ブログで「もう稼げない」という意見は間違いです【間に合う】

https://www.youtube.com/watch?v=nUd-W3uOYag&t=166s

この動画の中からいくつかの発言と意図をまとめておきました!

 

 

動画内であった発言をここでちらっとまとめておきます。

 

 

“理由について”

 

 

目次

 

 

『ブログで稼ぐ=インターネット広告で稼ぐ』

 

『ブログで稼ぐ=インターネット広告で稼ぐ』

 

『基本的にトレンドは2~3年スパンで入れ替わる』

 

『基本的にトレンドは2~3年スパンで入れ替わる』

 

 

『伸ばせる市場は、自己啓発系の市場僕は今ここを狙っています』

 

『伸ばせる市場は、自己啓発系の市場僕は今ここを狙っています』

 

 

 

 

動画の一部分を文字起こしでまとめてみると

 

2013年 キュレーションサイト時代

2015年~2017年 長文SEO時代

2018年~ インフルエンサー時代

という発言もありました。

 

発言の意図について考察

 

この動画の視聴し終わった感想はありませんか?

これは僕が思っていることですが、ブログで稼ぐというのはあくまでも一つ の手段です。

 

実はブログで稼ぐというのは物凄い労力とエネルギーを注がないと難易度は 高いんですね。

 

これはあくまでも一般論ですが

 

一昔の基準では

 

・ユーザーが求めている検索ニーズを理解する(SEO力)

・分かり易くて納得出来る文章力(ライティング力)

・決断に踏み切れるページ構成力(コピーライティング力)

 

といったアフィリエイトする上で必要なスキルを形成することが求められていました!

 

 

2019年方式の基準になるとそれだけじゃ足りないです。

 

だからこそマナブさんはあえて、現在ではインフルエンサーになるほうが上位表示されやすい

傾向になることを匂わせることを言ったと思います。

 

インフルエンサーになるためにはまず

 

・ツイッターのフォロワーを増やす

・動画の再生回数を伸ばす・チャンネル登録者数を増やす

 

 

といったような作業構成も必要になってくるのでどうしても一昔の基準より かは作業量って物理的に増えてしまう傾向にあることでしょう。

 

そうなると、

 

“これからの時代でも稼ぐとすればブログ以外の媒体を使用していろんな人 から認識されるコンテンツ作りをしないと稼げないです。”

 

って風にも聞こえますね。

 

その点では確かに、アフィリエイトで稼ぐ難易度や作業で求められる基準が 昔と今とじゃぜんぜん違うと思いました。

 

 

 

 

昔:一点集中型

 

パワーブログを構築して

 

・ブログでアクセス数を増やす

 

もしくは

 

ペラサイトを量産してトータルで

 

・売れるサイトだけ増やす

 

 

主にやる作業と言えば

 

・文章を作る

・バナーや画像を作る

・アフィリエイトリンクを設置する

 

ただそれだけです。

 

2019年:インフルエンサー型

 

今の時代ではペラサイトが通用しないためパワーブログを構築するのが主流 ですね。

もうちょっとかっこいい言い方をするなればオウンドメディア構築を頑張ら ないといけません。

 

オウンドメディアの構築が出来たら

 

・YouTube

・ツイッター

・Facebook

・インスタグラム

 

に様々なコンテンツを作って、オウンドメディアに送客

 

それが結果的には

 

・メルマガのリストを獲得する(DRM戦略)

・リピートユーザーの獲得

 

これが今の時代では必須科目となりつつあります。

 

ここまでの話しを要約すれば

 

昔 :  良いコンテンツは比例して売上げになる傾向にある

現在 : 情報を回りに拡散する力のあるコンテンツが売上げになる傾向にある

 

ということが今のマーケティングの性質と言ったところでしょうか。

 

 

今回のマナブさんの発言はあくまでも一般のアフィリエイター向けの情報発信かと思われますのでこのような発言を残しています。

 

物販アフィリエイト

 

 

察するに物販アフィリエイトユーザーにとっての市場は伸びているジャンル がありますよってことですね。

 

ちなみに僕は情報商材などの目では直接確認できないような商品を主に取り扱っている業 者ですので僕個人ではそのまま鵜呑みに

出来る情報源ではないと思いました 。

 

 

 

ただ少なからずインターネットの発達で多くの企業がWebマーケティング路線 を貼っているのですから、

良い商品や高額商品がアフィリエイトの案件とし て拡散思考になることは間違いです。

 

2015年でアフィリエイトする人といえば

めちゃくちゃ専門的なブログを開設して商品をちらっとPRする程度でしたが

 

 

2019年の場合になると

アクセスに物を言わせてインフルエンサーマーケティング路線に突っ張り思いっきり商品をPRすれば数の暴力で大金持ちになって稼げますよーってニュアンスに近いと思います。

 

ただインフルエンサーがはやり出したのは最近であってさすがに

YouTubeで商品PRするような企画物はそんなにありませんでしたが、ツイッターでアフィリエイトする人がかなりいましたね。

 

正直、マナブさんは成金みたいなイメージがあってあまり好きませんでした が数の暴力でマーケティング路線を構築することが今の時代にはマッチして いる手法だし

何よりも、ブログで稼ぐのはあくまでも一つの手段です。

 

もっと分かり易い表現で言ってしまえば

影響力のある人物になれれば勝手に数字が付いてくるというのではないかと 言いたいんじゃないかと考察します。

 

 

 

数で物を言うビジネスをするためには?

 

 

ここではマナブさんの発言どうこうは置いておきます。

 

今の時代に一番マッチしているのが“インフルエンサー気質”の属性を獲得することなのかもしれません。

 

ただ僕のチャンネル登録者もブログのアクセス者もマナブさんとじゃ段違いに違うし何よりも顔出ししていない比較的匿名性の高いブロガーです。

 

仮にもマナブさん vs 工藤拓哉 をとなったとき当然

 

インフルエンサー情報発信力で言えば

 

マナブ> 僕

 

という図式が成立してしまいます。

 

インフルエンサーばかり頭に入れていると、他のマナブ信者がインフルエンサーになろうとするからその市場はすぐに飽和するのがすぐに想像出来ます。

 

よってここでは正しいインフルエンサーの持ち方を紹介しようと思います。

 

僕のブログでは以前このような記事を作りました!

↓ ↓

 

有名ブロガーになるには?

 

↑ ↑

 

数の暴力でビジネスをするためには圧倒的な人気者でないとなりません。

 

そんなに人気者になりたければ僕は止めたりはしませんがカリスマ性というのは人それぞれ違います。

 

ちなみに僕の場合だと

・ブサイク

・デブ

・陰キャ

・口が悪い

 

どちらかと言うと営業マンには向かないタイプの人間です。

そんな人間がマナブさんと同じ容量で動画やブログを作ったところで同じ結果になると思いますか?

 

たぶんそうならないはずです。

 

人の定められた性というものは簡単に変えられないことはまずここでは理解したうえで客観的にインフルエンサー気質になれるのかを診断してみましょう!

 

 

1. ツイッターなどのフォロワー数を増やしたりする具体的な戦略がある

 

はい・いいえ

 

2. YouTubeチャンネルではどんなコンセプトで情報を発信するのが決めてある

 

はい・いいえ

 

 

3. 人の感情を動かせる商品や情報など持っている

 

はい・いいえ

 

 

インフルエンサー気質になるということは万人受けするコンテンツを作る能力が求められてきます。

 

 

だけどさっきも言ったように副業をターゲットにしている場合だと限られた属性の人しか来ないって話をしたかと思いますが

 

それ以外のユーザー層からも興味を持ってもらわないと物理的には厳しくなってくるんですね。

 

だからこそ、イケハヤみたいに炎上マーケティングする人もいるし

今回のマナブさんのようにまったく副業に興味のない人からでも分かるような政治的なネタをぶち込んでくるときもある。

 

 

それが結果的に一般層の人達にも溶け込んで、副業にまったく興味がない人からでも影響力を持つことが出来たんじゃないかと僕は考察します。

 

これは原理的に言えば、“単純接触効果”を利用したものかと思います。

 

もっと極端な話で言えば最新ノウハウを応用して海外の人に人気者になるコンテンツ紹介などしたと仮定しましょう。

 

 

日本の人口はおよそ1.268億 (2017年)に対し日本以外の国は70億人くらいいます。

 

 

日本以外の人からでも影響力を持つことが出来ればもう億万長者待ったなしです。

 

稼げる人に共通しているのは“興味を持ってもらえるメディア”がちゃんとあることが起因しています。

 

 

まぁとは海外向けのメディアを作るノウハウはとてもじゃないですけどね。

 

日本人は日本語しかしゃべれないからそんな器用なことが出来るアフィリエイターなんて僕の知る限りだといませんし、

異文化でも興味を持ってもらえるコンテンツなんてかなりの作業量とリサーチが必要になってきます。

 

話しがあまりにも飛躍したので戻りますが

 

影響力を持つためには出来ることからなんでもしたほうが良いのは間違いないですね。

 

ブログでは稼げないと言う人の意見も当然ある

 

“ブログで稼ぐのは簡単”とは一言もマナブさんは言っていません。

 

簡単ではないということは裏を返せば

 

・レベルの高いライバルがぎょーさんいる

・グーグルのアルゴリズムに適応したブログ記事を作らないといけない

 

あえてポジティブに捉えるとすれば

・今が高難易度のものでも慣れればなんとか稼げる

 

という意味でもあります。

 

簡単なものほど市場の飽和は早いので、考え方次第では難しいものほど普遍的に稼げるものであるということなんです。

 

そのためには市場調査が必要です!

 

マナブさん風に言えばこの動画でもありますが、以下のような視聴調査をしているみたいです笑

ツイッター実験

 

 

ただこれにも残酷ながら前提条件というのは存在します。

 

・ユーザーの声が拾えるくらいの規模が必要

・まったくアクセスが取れない人だと実験データもへったくれもない

 

というもの笑

 

あっ、これは笑い事じゃありませんね。

 

 

本当に悲惨なブロガーって世の中では腐るほどいます。

たくさん記事を更新したのに全く反応の取れないコンテンツがあればユーザのニーズに合わせたコンテンツなんて作りようがありません。

 

 

興味を持ってもらうコンテンツを作るには直接ユーザーの反応を試すしかないです。

 

 

その数ある資産すら持っていない人はブロガーのスタートラインにすら立っていないというわけなんです。

 

 

これはマジで稼げない人にありがちな奴ですから少なくとも、

一発くらいはブログ記事で当てないと稼ぐきっかけすらありつけませんのでその間はとにかくリサーチしまくることですね。

 

ようやくスタートラインにたってここでようやく毎日記事を更新するために、

検索クエリに答えられるものを題材としたものを探すので、ここで多くの人はたぶんネタ切れを起こします。

 

 

理由はユーザーの反応がわかっても、何をユーザーを求めているのかの真意までは探れないのです。

 

ここで大事になってくるのが

 

・アンケート調査

・ブログ内コメント

 

だったりします。

 

 

その境地に立つためにはどうすればいいのか?

 

 

それがわかれば毎日記事を更新さえすれば稼げる理由になりますが、そこがまだまだ分かりにくいかな?

っていうのが僕の考え方ですね。

 

確かに物理的に数をこなす分だけ人のライティング力はそれに比例してきますがあくまでもそれは

結果がある程度伴っていることが前提です!

 

結果も出ていないのに毎日闇雲に記事を更新したところで収益源のポイントとして成長することが出来るのか?

 

いや。 安直すぎるなーとも個人的には思っています。

 

そんなわけで以前はこのような記事を更新したのでこれとセットで読んでみてください。

 

1日1記事を作ろうと意識するのは反対説!

 

SEE YOU NEXT TIME また会いましょう!

 

 

Webビジネス マーケティング戦略講座! 無料登録

はい、こちらへドッカーンっと特典が満載!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

メルマガ登録はこちら 1

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

平日・土日・祝日問わずほぼ毎日悩むのがWebビジネスの早すぎるマーケット変動です よね。

・アクセルの伸びるキーワードが変わる

・需要と供給の法則が変わる

・アクセスが伸びるコンセプトが変わる

 

いつの時代でもその年に適したコンテンツを作れるかどうかでおよそ50%のアフィリエイターがコンテンツ事業から撤退をします。

またアフィリエイトで継続していられる人は以下の通りです。

 

半年 ⇒ 継続しているアフィリエイター50%

1年後 ⇒ 継続しているアフィリエイター30%

 

初日 100% ⇒ 1年後 30%にまでアフィリエイターは減り続けるのです。

 

現役アフィリエイターを続けるだけでも上位30%のアフィリエイトブロガーとして自然と参入障壁が減っていきます。

マーケティングで稼ぐことで重要なのが“リスクを最大限”にまで減らすことです。

リスク軽減出来るアフィリエイトのビジネスモデルとは?

 

先に結論から言います。

 

アフィリエイトの市場モデルを理解するには以下の工程をほぼ毎日こなすプログラムを ここでは用意しております。

マーケティングを理解するといっても少なくとも2種類のキーワードがあります。

SEO対策や集客構造などの被リンクの仕方などのそんなちゃっちい話ではないです。

 

もったいぶらずにとっとと話せや!

 

そう思うでしょう?

 

Webマーケティングを理解するには1~10までここで説明するのはたぶんみんなの思っている以上にステップに分けて進んでいけば超余裕で月収10万円は達成するプログ ラムとなっています。

アフィリエイトブロガーの分際でマーケットについて語るのはあまりにも恐れ多いです 。

 

さてここで出てきた2種類のキーワードの性質を理解することで劇的にアフィリエイト で稼ぐキーワード構想が理解出来るようになるはずです。

 

検索キーワードの性質を2つの解釈で理解する

 

・トレンド系キーワード

・ロングテールキーワード

 

この2種類のキーワードをどうやって使うかで結果が出るスピードが違います。

重要なのはどちらかに偏りがなく、お互いのメリット・デメリットを理解した上でWebライティングをすることが重要なんです。

 

目先の記事更新ばかりに意識が囚われていませんか?

 

だとしたら、耳に痛い話になりますが選んでいるキーワード軸が大きく逸れる可能性があるのです。

 

記事を更新すればするほどある一定の法則を見つけ出すことに成功した僕だからこそ需要のあるテーマを選ぶことが非常に大事だと痛感しています。

ただ水を差しますが需要があるようなキーワードになればなるほどその特定のキーワードで頂点を目指すのが難しくなります。

だからこそ客観的に自分のブログアフィリエイトとしてのレベルを正しく認知する必要があるのです。

この作業をやるかやらないかで99%はやって良かったと回答をいただいているからここから先はそのキーワードの性質について解説しようと思います。

常に変動しつづけるマーケティングを理解する

1.自分の市場価値を理解する

 

 

2.市場で勝てるテーマを絞る

 

 

3.ライバルサイトを分析する

 

 

4・パワーブログを育てる

 

 

3.反応の悪いコンテンツはばっさり諦める

 

 

2.自分が発信したい内容をちゃんと把握する

 

 

1.実績や経験を生かして今までに勉強して来たものを吐き出す

 

1 ⇒ 2 ⇒ 3 ⇒ 4 この順序を守った上でサイト運営すると自然と

自分のコンテンツが完璧とは言えなくても初心者でもかなり質の高いサイト構成を作ることが可能です。

 

大事なのはステップを着実に進めること。

急がなくてもいいから、少しずつでもいいから最低でも週3以上記事を更新すればだいたいのオウンドメディアはパワーサイト化します。

ただ、お客さんが求めるマーケットの性質について正しく理解すれば一瞬で売れるテーマと売れないテーマの区別がつくようになります。

この講座ではそれを中心に披露しようとここで宣言しましょう。

アフィリエイト マーケティングNEO

僕が用意してあるのは“マーケティングNEO”(以前のverアフィリエイト頂の改良版です)です。

・PDFファイル

・動画講座

・無料メルマガ

・サポート

 

右も左もまったくアフィリエイトをしてことがない人でも分かり易く解説されたものをプレゼントいたします。

6月にかけていろんな問い合わせをいただいたのですが、稼ぐ方法しか書かれていないのでこれだけだとちょっとわかりづらい・・・・。

そんなご指摘をいただきました。

無料サポートも付いているし、これだけの専門性があるのに、イマイチ釈然としない表現が多すぎる・・・・・。

そんな初心者を置いてけぼりの内容だったので今では反省です笑

マーケティングにおいて重要なものは、稼ぐことじゃなくて

 

1.不労所得を得るために必要な作業量

2.正しい認識でコンテンツを作る思考能力

3.嫌々始めるビジネスではなく趣味感覚で作れるサイト作り

 

そんなテーマをぜひ構築出来るようになることこそ、最も適正のあるテーマ選びであることをここでは口すっぱく語らせていただいております。

アフィリエイト マーケティングNEO

 

(ver 1.03 配布 8月02日予定)

 

先にこれだけは約束です。

 

ここで先に断りを入れて置きますが、
僕は決してSEOについて研究してきたわけじゃないし、コピーライティングについて人よりも凄いテクニックやノウハウがあるわけじゃないです。

2015年 ⇒ 2018年 この三年間で変動した売れるコンテンツの変動が目と頭が腐るほ ど目の当たりにして来たからこそここである結論に導き出せました。

 

一番楽して稼げるものをテーマにすればいいんじゃないか?

ただ、ざっくりと言っても一番成果の出しやすいものはと言えばトレンド系アフィリエイトです。

もっとそれを応用して集客する方法がないのかを考えた結果が特定のジャンルで需要のあるコンテンツを考えないといけません。

 

初心者が必ずしも需要のあるテーマを選べば結果が出やすい?

 

なーんてことは百の承知でみんなが知っていることなのです。

 

ここではメルマガ会員限定で定期的なマーケットに関する話をしようと思っていて

僕が一方的に話すメルマガ内容にすると面白くないと思います。

そこで質問フォーラムをここで用意しておきました!

 

質疑応答お答えます!

 

お問い合わせ

 

テーマは何でもいいです。

むしろ質問してくれることで僕のサイトにネタを運んでくれるなら大歓迎。

 

それを邪険にするメリットなんてないのです。

というわけでわからないことがあったらここに質問をください!

質問フォームはこちら!

 

お問い合わせ

ではでは工藤拓哉でした^^

 

 

 

メルマガ登録はこちらから

 

自由 > 仕事