こんにちは 工藤です。

 

今日はお急ぎでこの記事を作りました。

 

コンテンツって当たり外れ関係なくガンガン作るのが非常に大事ですよ!ってことは今から伝えようと思います。

 

アフィリエイトというのはストック型ビジネスなんですよね。

コンテンツが多いほど、自分のブログにパワーが付いてくるものです。

 

 

記事のストックが切れていることに気がづいて題材について何にしようか考えようと思ったときにふと伝えるべきことが一つありました。

 

この例えはかなり回りくどいようですが、コンテンツ=打席 です。

 

当たり記事の多さこそ正義である

 

 

その前に野球のルールはご存知でしょうか?

 

打率.300のバッターなら7回アウトになって3回ヒット打てるというアレです。

 

打率ってバッターの適応力や好打者の見極めに使われる一つの指標です。

 

打率.300のバッター vs 打率.260のバッター

 

この二人がいるとすれば前者の方が風格が漂いますよね?

 

そこに惑わされてはいけないです。

 

これをビジネスで言うと成功率だとして算出するとすれば

 

一発必中を狙う成功理論よりもマシンガン連発の成功理論の方がよっぽど上達が早いという精神性を追い求めたほうが得策です。

 

多くの母数を積み重ねるならなんでも実践しておけば+方向に修正する材料っていうのが多くなるんですよね。

 

もうちょっとわかりやすい言い方をすると空振りした回数多いほうがバットに当たる回数が多くなるという理屈と一緒です。

 

言葉悪いのですが

失敗を恐れて母数を積もうとしないのは嘘つき、無能と一緒です。

 

そういう奴はどんどん下の世界でもがき苦しむ毎日が訪れるだけです。

 

普通の人だと失敗したくないからとりあえずバット振らず球筋を見極めるって理屈で考えています。

 

打率.300のバッターが年間200打数立って60安打打てる選手

 

vs

 

打率.260のバッターが年間550打数立って143安打打てる選手

 

プロ野球でどっちが高く評価してもらえるのかと言うと歴然として後者になります。

 

理由としては考えられるパターンがいくつか考えられますけど

 

200打数内で最初は打ちまくっていたけど

 

・他球団からマークされて苦手な球種に対応出来なくなった

・厳しい内角攻めに避けれる球を避けれずケガをしたから

・調子の良かっただけで、レギュラー定着出来なかったから

 

そういうパターンが実際のプロ野球では結構多いんですね。200打数だけだとそもそも規定打数には乗りません。

 

※規定打数・・・ 各リーグが発表する打率ランキングの対象とな るという決まり

 

 

ヒットを打てた母数こそ、年俸を担当している人にとって客観的に評価できる指標です。

打率って状況によって違いますからそこだけ見て判断されると各選手に不平等な査定をする恐れがあるわけです 。

 

ですけども、

 

アフィリエイトの常識は想像以上に無形の物体に近い性質を持っていることを理解しなくてはなりません。

 

信頼関係を構築するもしくはパワーサイトを構築する上で大事なもの

 

僕が今やっているサイトの活動はぶっちゃけ

情報発信ビジネスといっていづれはあなたに納得するように売れる商品をいくつか紹介しなくてはならないので信頼構築のために100通りの理論で教育をしにかかると思っておいた方が良いです。

 

っというとみんなからこの人は売り込む人なのか?って考えるじゃないですか?

 

 

そう思われないようにガンガン役に立つ情報を発信していくようにして僕には僕のコンテンツブランドを構築するためになるべく即効でコンテンツを作ります。

 

それが結構重要です。

 

 

記事を作る能力のは案外適当なものでOK

 

これを言ってしまったら皆さんの反感を買うかもしれないですけども

 

完璧に記事を作れといわれて作ろうと思ったら僕は作れると思います。

 

ですけど内容にはあまりこだわりはありません。

 

選ぶ題材にこだわりすぎるとそもそも情報発信ビジネスなんて出来なくなりますからね。

 

そうなると、100%正しい情報だったり信憑性のあるような記事にはならないかと思います。

 

物理的に正しい記事の書き方なんて僕でも教わっていません。僕にアフィリエイトを教えていた人ですら、変な記事ばかり書いてブランド構築していましたから

 

情報に形を追い求めれば求めるほど混乱します。

 

っていうとたぶんわからないですよね?

 

 

要は、自分の好きなように記事を作ったほうが結果的にアフィリエイトで稼げる要因になるという考え方を持つのが重要だという意味ですね。

 

もし完璧クオリティーの記事を書きたいと思ったら

普段なら2000~3000程度の文字量のコンテンツ

 

↓ ↓ ↓

 

10000万文字くらいのボリュームで書くと思います。

 

 

コンテンツ作るという意味を考えたら、ユーザーに読者がこういう事も知っているから凄い役に立つコンテンツを配信できるんだぞ!

 

っとアピールが出来るわけなんですよね。

だからといって、2000字程度のコンテンツに文字量を増やしただけのコンテンツにすぎないのでその内容自体はそんなに変わるようにはならないです。

 

5倍分丁寧に書けば自然とボリューム増しをすることが普通に行われているんです。

 

そう思っているのはもしかすると僕だけかもしれませんが実際に本屋にいって“睡眠学”についてとか“記憶力”についてとか調べてみるといいですよ。

 

本の内容って

インターネットに書いてあるようなまとめサイトで知り得る情報とそんなに変わらないと思いますよ。

 

ですが、それだけだと論理的に筋が通っているのか信憑性がちょっとわからないところがあるからそれを説明している本を読んだほうが理解が出来るのも確かだと思います。

つまり、凄い論理的に説明していて誰でもわかるように詳しく実験データーや裏づけとなる証拠を提示してくるので1つの事柄に何百頁も情報コンテンツに仕上げて来るようなことが出来ます。

 

断片となっている知識を知っただけでそれを他人に伝えても誰も信頼なんてしませんけど

 

本を読んでそれを他人と知識をシェアするとかなりの確率で信頼されるかと思います。

 

そういう意味ではアフィリエイト記事でも丁寧に書くほうが当たり記事になる可能性って高くなるんですよね。

 

なぜなら、

 

裏づけとなる根拠や理論って文字量が多いほど説得力が高いからです。

 

 

説得力を演出するためには証拠や論理をどんどん詰め込んでいけばいいですし

ストーリー形式で感動を呼び込むキラーコンテンツタイプでも薄っぺらさをなくすためには経験や聞いた話をどんどん盛り込むことでなんでもコンテンツは作れるといってもいいんですね。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、
普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。
僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分
もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?
って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、
なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な
要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について
・マインドセットをバカにしてはいけない理由
・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?
・ユーザー目線とアフィリエイト視点について
・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正
しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

 

メルマガ登録はこちらから

 

ではまた合いましょう。

SEE YOU NEXT TIME.