サイト系の媒体を強化するパワー運営術

 

 

はいこんにちは 工藤です

 

今回はパワーブログの作り方についてお話しようと思います。

 

点穴の方はもう持っているでしょうか?持っていないでしょうか?

 

何十記事も積み重ねてサイトをどんどん強化していくことをパワー型のサイトと呼ばれていますけども

 

ペラサイトとは一番違うのは固定の見込み客にずっと読んでもらえるコンテンツとして始めてパワーサイトの強みの部分って出てきます。

 

YouTubeのチャンネル登録者ボタン押された時点でそのうちの大多数はリピートで再生してくれることで再生回数は安定して伸びるようになるのと同じ原理です。

これがパワーサイトの一番基礎的な内容となっているのでしっかりこれをインプットして固定客にいつまでも愛用させるコンテンツ作りをすることがとてもとても大事となっています。

 

そのために“軸”がずれないことがまず第一前提なんですよ ね。

 

アダルトで運営すると仮定をするとどのテーマで攻めていくのかな?って考えると思います。

 

点穴の実践者ならおそらくご自信の性癖をモチーフにコンテンツをどんどん膨らませていってそれをユーザーにも共感してもらうところから始めるかと思います。

 

『テーマと趣旨』が一番明確になっているものでそれを書き手と読み手が思っている世界感がなるべくズレが生じないことが一番大事です。

 

テーマがズレてしまうと

 

これが大きくズレるとその情報発信をしたときに正しい認識をされずにただテーマに合わせた商品を作っていってもウザイって思われて終わります。

 

よく僕のところで添削してもらいに来る人に多いのがこういう考え方が多いですね。

 

毎日記事投稿しているから儲かって当たり前だろー精神の人達ですね。

いやいやいや。

そんな方法で稼げるなら下の下だぞって突っ込みたくなる話です。

 

とりあえず書かないといけない。

 

良いネタがわからないぞ!うーん?

 

仕方ないから適当にこの人のネタから適当にコンテンツ作っ ておくかっ

 

て安易な考え方が見え見えなんですよね。

 

ハッキリ言ってそういうノリで記事を書くくらいなら休んだほうがいいと思います。

 

確かにそれをたくさん物理的にやっておけばいろいろコンテンツは充実してきますけども

 

管理人にふさわしくないようなコンテンツが多くなればなる ほどユーザーと書き手のギャップって伝わってくる結果にな ります。

 

理由はもはや言うまでもなく管理人の世界感を演出出来ていないからなんですね。

 

その時点でNAVERのまとめサイトに負けています。

 

ならいっそ他の人のブログでサイトを見たほうがいいよねーって読者は考えるようになるので見込み客が離脱してしまいます。

そういうのは本当に勿体ありません。

 

テーマをきっちり絞ること

 

機械的に書いた文章とは人に悪い意味で伝わります。

人間の書いた文章が一番興味を引いてくれるコンテンツです 。

 

人間対人間のコミュニケーションだと思ってください。

面白いコンテンツを作れる人の特徴はちゃんと人間が喜びそうなことをちゃんとコラムにまとめたりして情報を発信しています。

 

逆に面白くないコンテンツを作ってしまう人というのは特定のキーワードに絞ってそれを辞典のように答えてしまうような文章ですね。

 

インターネットのサブカルチャーとは基本的に面白くてわかりやすいというのが原則です。

 

なんたってインターネットで調べる人のたいはんはこのような人達なんですから

 

中学生でもわかるようにコンテンツを配信することが一番なんですよね。

 

なのにも関わらずに、やみくみに本や専門家から聞いたようなことをデータ的に話してもわかる人って少ないです。

 

ダイエットの方法を科学的に分析したらこうするべきなんですよーって言われてもユーザーからは『あなたはどこの業者なんですか?』って思われて終了です 。

 

だって科学とか、本質とかわからない人にはわからないです 。

 

売れる記事を作るにはまずは書いている人がまず人々の共感を得ることを目的にテーマを絞ることが何よりも大切なことです。

 

共感を得るにはどうしたらいいのかというと徹底的にユーザー心理を分析することです。

 

どうやって分析していいのかわからない人はとりあえず自分のその頭を使って想像してみましょう。

わからないならわからないで想像するだけでもずっとマシで す。

 

そのうち今よりもずっとユーザーと近い距離でコンテンツを配信出来るようになるのでそれまではわからないなりに考える方が良いでしょう。

 

例えば

 

ダイエットの方法をどうとかこうとか教えるつもりでベラベラと専門的に教えられるよりも

 

『今よりも5キロは痩せられる簡単な方法!』

とか

『3ヶ月で簡単に体重を落とせる体質に変える簡単な食事術! 』

なんて言われたほうがまだインターネットユーザーからしてみればわかりやすい!っとか言いながら見込み客に分かるもんです。

 

そういう意識を持つことが重要なんですよね。

 

最初の設定と目標が非常に大事

 

例えば芸能系のブログを作っていてノウハウ通りに1日2記事更新し続けますよーってノリで始めるとします。

 

芸能をやる時点で注意を払っておくことは

 

○芸能関連の記事を作るのに苦痛だと思わないか?
○最低でも100記事以上は更新しつづける自信があるのか?

 

っていう点ですね。

 

好き・嫌いで言えば好きな人なら始めても全然問題はないですけどそうでない人がやると好きだと思う人よりも興味の引けるコンテンツを書く可能性ってグッと落ちるんですよね。

 

だって興味がないからそこにもっと掘り下げようと思う精神力に集中力を持とうとすればめんどくさくなるものです。

 

まぁ好きで始めるコンテンツビジネスなんてたいはんは見つけられるものじゃないですけど

 

一番やってはダメなのが最初はめちゃくちゃな設定にしておいて後半からはそれについて来れなくなるような設定ですね。

 

 

これを例えるならこれですね。

 

 

『行列のできる法律相談所』

この番組見てことありますか?僕は昔は結構好きだったんですよね。

 

実際にあった法律事件に触れる事例を再現VTRでたくさん取り上げて弁護士達がそれをどう判決するかで結構マジメ系な番組だったんですけど

 

最近では、バラエティー性を追い求めるがあまりに再現VTRが1つしかないまま終わってしまうのもザラです。

 

タレント達の雑談がほぼほぼ占めるようになったのでだいぶ番組の趣旨が変わってしまいました。

 

この番組が好きって方には申し訳ありませんが今の放送にはあまり興味が引かないんですよね。

 

つまり、漫画でもよくある話ですが作画が初期と比べたら大きく異なっていたりするというのもよくある話です。

キャラクターデザインに使える時間の尺の問題で別のデザインを採用するってパターンが結構あるように

 

芸能ブログでも最初の設定がめちゃくちゃならぜんぜん趣旨が変わってしまうということが全然可能性としてはありえます。

 

自分の首を絞めるようなら最初からそういう設定にしない方がいいんじゃないの?って話になります。

 

元々あった世界感を取り壊してしまってアクセスが集まらないのが耳に痛いパターンとなるのでそこはなんとしてでも避けたほうが良いですよね?

 

そうならないためには、自然に作れる内容でどんどんコンテンツを発信出来るテーマに絞って情報発信ビジネスをそのまま継続することです。

 

それともう一つですが、読み手に伝わるメインテーマを与え続けることですね。伝えたいことをチラつかせて最後には決めセリフを言うイメージですね。

 

そういう演出することによって読み手にはすぐに伝わるのでパッと見で伝えたいことがハッキリすると思います。

 

そういう演出力を見につけることですね。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、
普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。
僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分
もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?
って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、
なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な
要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について
・マインドセットをバカにしてはいけない理由
・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?
・ユーザー目線とアフィリエイト視点について
・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正
しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

メルマガ登録はこちらから