邪魔な奴とは関わるな

 

はい、こんにちは工藤です。

 

いつぞやの時期にあったことなんですが、凄い焦っている時期があったんですね。

 

この内容を聞いてもあなたにとって何一つ得する話ではないですけども

 

僕が人並みよりも運がないって悩んでいることがあったのでそれを解消するプロセスについてお話しようと思います。

 

2年前くらいのお話になるのですが

 

お金がなくて、一人暮らしする精神的余裕がなくて実家暮らしを始めました。

 

うん!

 

その当時は働いていたんですけどもこれだけだとお金が足りないから副業を始めることにしました。

 

うちの親父は借金していますから、次男からもお金は巻き上げては返済せずに呆れられています。

 

長男からもいくらか借りているみたいですが返せといったら逆ギレする始末でよく喧嘩ごとになるのですごい後味の悪い気分です。

 

んで、僕のほうにはアフィリエイトの3割くらいはよこせといい始めるのでそれを拒否すると

 

パソコンごと壊すぞと脅してくるので要は金目当てで喧嘩をふっかける困ったちゃんがいるわけです。

 

まぁ僕もクズだから人のことは言えないですけど

 

うちの父ちゃんは八つ当たりをしたり、もので無視したりそういう態度をとっていましたね。

 

まぁそれが工藤拓哉なんだなと自分でもおもっています。ほんと自分らしいです。

 

正直な話クズだからアフィリエイトで成り上がるしか方法がなかったんですね。

 

その父親の遺伝子は間違いなく引きついているのでカエルの子は所詮カエルです。

 

そんな僕はサイコパス人間なのでしょうかね?ちなみにサイコパスの99%は自覚ないので僕は99%の確率でサイコパス人間ではないでしょうね。

うん!

 

今も思い出すとイライラするようなクソったれ親父の顔見るとヘドが出ます。

 

まじ死ねやな。 と思います。

 

なんか心理学の統計上では親との確執はない方がおかしいようですが

 

ま!親子だから似たもの同士でけんかでもするんですかねー

 

嫌いな奴と一緒に痛くないならそこから離れるしかありません。

 

ならもう金ですよね。

 

札束です札束。 これでたいていのことは解決します。

 

さてここから1000円くらい価値のありそうなことを言いたいと思います。

 

よく聞いてくださいね。これをお金に出来る魔法に出来るかどうかはあなた次第です。

 

嫌ことやった分だけ強くなれるというのは半分嘘

 

 

嫌ことの定義について

・自分に不利益が生じた場合

・貴重な時間がなくなった場合

・必要ないものを押し付けられた場合

 

はい、というわけでこれを読み上げます。

 

この3つですね。

 

ごめんなさい。 凄く人間味のない定義ですがまぁーそういうことですよね。

 

この時間をどうやって上手くやり過ごすかで+エネルギーに変えられるかゴミに変えてしまうかがあなたの分岐点なんですよね。

 

 

僕はこの嫌いな親父の存在のおかげでここまでネットビジネ スで大きな活動できるようになりました。

 

ありがとうw クソ親父w

 

っというと凄くそれは簡単なことではないですね。所詮ただの精神論なのでここからどうやって+エネルギーに持っていくことが出来るのかというと明確な方法はどこにもないかもしれません。

 

 

ただ嫌なことを良い経験に変えるのはストレスを踏み台にバネにするのが基本的に成功する要因だといえます。

 

アドラーはこう言っているんですよ。

 

ただ、僕には人にはあまり言いたくないような強い劣等感がありましてそのコンプレックスとして一つあげられるとしたら

 

・学力コンプレックス

・経済力コンプレックス

・人脈コンプレックス

・性格的なコンプレックス

・性的なコンプレックス

この5つですね。

特に強い劣等感を感じたのが性的なコンプレックスです。

 

今から7年くらい前はほんとキモチ悪い人間としてこのようなことをネットでズラズラと質問をしまくっていました。

 

さぁ、かつ目してください! 工藤拓哉の黒歴史を!

 

https://oshiete.goo.ne.jp/profile/1161218/history/quest ion/?pg=5

 

 

長いので割愛します・・・・・・・・・

 

 

 

 

モテない男が必死でこんな質問をした結果どうなったかと言うと、

 

23件も回答が返ってきましたけど、何も努力しなければ当然の結果ですよね。

 

ほんと泣けてくるから悲しいのですが女性が求めているものって顔・経済力・身長・経歴なんでしょうかね(涙)

 

当時僕が思っていたことは

 

30歳の恋愛は今更だから、早く恋愛して女性と付き合いたいという目標があったくらいで、学校のカウンセラーにも時々顔を出して相談をしていた時期がぼくにはあったわけなんですよね。

 

それが面白くないから、こういう掲示板に嫌味な質問ばかりしていてそれでコンプレックスの憂さ晴らしをしまくっていたわけですね。

 

それが僕にとっては面白いと思っているからこういうクソみたいな質問を乱立させていたわけです。

 

恥ずかしいですけど、今も僕はモテないですしぶっちゃけ言うともうそれは諦めてネットビジネス一本で成功させよう!

 

っという考えでやっています。

 

クソ親父もむかつくんですけど、モテている人もむかつきますね。

 

中学童貞卒とかそういうのいますけど、あいつらは僕とは確実に違う何かを持っているわけなんですよね。

 

いやその理屈だとあれですがモテている人は少なくともモテない男性よりも人間の三大欲求を満たしているということです。

 

僕にはそれがもっていないだけです。

 

そのコンプレックスをカバーするためにもネットビジネスで成功しようという強いリビドーを持ちそういう自我に芽生えた工藤拓哉がやったことは

 

所詮ネットビジネスで成功させるだけに特化しただけにすぎません。

 

別に彼女いてもいいけど、いなくても十分幸せかなーむしろ童貞のままでいたほうが自分らしいかなー?

 

なんて思っています。

 

それが工藤拓哉なんですよね。

 

補足ですが

 

一つ面白いことを教えます。そういう情報はお金になります!

 

モテている人が今までの成功体験を電子書籍や漫画、セミナーなど開いてそれをみんなにシェアするという形をとればお金を取ることが理論上可能になります。

 

それを情報発信に変えられないか模索したらたまたまあったのがアフィリエイトという分野です。

 

ここまでの話をまとめると

 

むかつくこととかコンプレックスとかは当然面白くない体験です。

 

それを一つの映画に例えるとしたらアメリカ系のよくある失敗してからのサクセスストーリーってパターンなんですよね。

 

そんな都合の良い話あるのかなと思いますけど不愉快だと思うなら今からでもより良い方向に変えるための小さな努力からでも良いわけなんですよ。

 

それをやらない人達がこれだけ多いのにあなたは頑張らないというということは

 

需要にたいして供給が追いついていない状態になります。

信じられないですよね?

 

ほんとこれをやってよかったと思いました。

 

今日のお話は以上になりますが

 

ぜひライン@でもそういうコンプレックスをどうすればより良いほうにいくのか質問しても構わないですし気軽にご相談いただければなと思います。

 

ご視聴ありがとうございました。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、

普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。

僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分

もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?

って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、

なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な

要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について

・マインドセットをバカにしてはいけない理由

・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?

・ユーザー目線とアフィリエイト視点について

・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

 

メルマガ登録はこちらから

 

自由 > 仕事