はいこんにちは工藤です。

 

最近上手くいっていないなぁ~とか 

調子が悪くて思ったよりも作業スコアが伸びないなぁ~

ってことが人間をやっているなら誰しもぶつかる壁です。

 

これをガス欠状態だと言えます。

 

やる気はあるんだけどもあまり作業が進まないときって余計たくさんの時間をとってよりのめりこむようにして作業をしようとするけど余計に疲弊してしまう。

 

その負のスパイラルの構造にはまっちゃうわけなんですよね 。

 

こういう人達のことを悪く言っちゃえば単なる努力信者であって、全て自分次第の行動力でなんとかなると思っています。

 

よく言いますよね。“なせば成る!”ってフレーズが

 

ですけども生理的に疲れているのにその疲弊しているサイン から逃げるようにして作業を続けるのはもっともっとスラン プ状態に近づける危険な行為なんですよね。

 

ブログビジネスで稼ごうと思ったときに本気になって活動をすることは非常に良いことなんですがたまには休みは必要だって話なんですよね。

 

人間のゴールは幸福になることにある

ちょっと難しいお話をするとしたら、人間の脳内ホルモンにはあらゆる物質で構成されています。

 

怒り・・・・・ アドレナリン

癒し・・・・・ セロトニン

(達成の)喜び・・・・・ドーパミン

(身体的な)喜び・・・・・エンドルフィン

眠い・・・・・メラトニン

冷静や集中・・・・・アセチルコリン

焦り・・・・・・ノルアドレナリン

落ち込み・・・・・コレチゾール

 

一番よく馴染みがあるものはドーパミンアドレナリンという言葉じゃないですかね?

 

人って何か刺激を受けると何かしらの脳内物質が分泌されてそれが表に出たときに何か胸に来るものがあったり、顔に出るものがあります。

 

無意識レベルでの反応なのでそれをコントロールすることは非常に難しいものなんですよね。

 

何かを始めてそれをずっと継続するとすれば意思でずっと粘り続ければよいものだと信じる人は多いと思いますが実質は身体が先に手が出るように人間の感情は動くので理性はその後付けされたものでしかありません。

 

凄い難しい話をしてしまいましたが

 

例えば

 

お金を稼ぎたいと思うのは達成したときの報酬を求めている状態です。

 

言い方を変えるとドーパミンを求めているということです。

自由を手に入れたいと思うのは一生働かなくても幸せになれると思っている状態なので

言い方を変えればセロトニンを求めているということです。

 

よくいるのがゲーム好きっていますよね?

トロフィーをコンプリートするまでゲームを続ける人とか
全国1位のプレイヤーになるまでずっと練習する人とか

 

ああいうのは完全なドーパミン系の報酬に頭をグルグル駆け巡っている証拠です。

逆に

みんなでワイワイしてプレイしたいという人や

暇つぶし程度にプレイしたい人

 

そういう人はセロトニン系の報酬経路に特化しているイメージが強いです。

 

僕は脳科学については頭に毛が生えている程度なのですが最終的なゴールには自分にとって

 

ポジティブになれることをしているのがなのでやってみたけども余計不幸になった。

 

なんてことがあったら、期待を裏切られたとか言って普通の人間ならそこで諦めてしまいます。

 

だけども、ずっと継続して自分にとって何かを手に入れられるためならするというのは凄いエネルギーを使いますよね。

 

人気ブロガーになるまで活動をサボらないとか、人気YouTuberになるまでガムシャラに続けるとか

 

ほとんどの人はその途中の過程のなかで嫌気をさしてやめます。

 

それは、ネガティブな体験を避けたいからなんですよね。

 

それにはいろんな意味でストレスサインが隠れておりますね。

 

稼げないじゃないか! (アドレナリン+ノルアドレリンが分泌されている状態)

 

これって詐欺じゃん!(ノルアドレナリン+コレチゾールが分泌されている状態)

 

それで最終的に出るものが、他のことをやっていたほうが まだ自分にとってマシだったわ! と放棄して

 

別の形で報酬経路を求める心理が働くという風に。

 

ドーパミン、セロトニン、エンドルフィン

 

この人間心理にある気持ち良い部分の報酬思考回路が有る限り何かしらの見返りがなちゃ続けられないというのはもしかしたらもう科学的には立証されていることなのかもしれませんね。

 

ネガティブな人 vs ポジティブな人

 

ポジティブな人というのは前向きな人のことを指しますよね 。

ドーパミン、セロトニン、エンドルフィン
の報酬回路を得ることにフォーカスして生きている人生観で
す。

 

一方

ネガティブな人というのは後ろ向きなことを指します。

アドレナリン 、 ノルアドレナリン 、 コレチゾール
これらのホルモンをこれ以上生み出さないように先々のリスクに備えて未来を見通して行動をするような人生観です。

 

よくいるのが『どうせこうなるのがオチだ』とか言いながら積極的にトライしようとはしないのは自分にとって気持ち悪いことを避けるために判断基準のウエイトを占めているからです。

 

マーケティングではよく起こり得るのが

 

株の損失がとても恐ろしいから、ちょっとでも値下がりを見せたらすぐ売却してやろう!というのが1回あったとしたら

 

株価の上昇が凄まじいぞ!とても嬉しいことが これだけ上がったら下がる前に売却してやろう!というのが2回あったとして

 

それでやっと人間は得したんだと実感するみたいです。

 

これを心理学的に言えば 損失回避の法則と言います。

 

そのネガ:ポジの割合で心のバランスの釣り合いで言えば

2:1の強さなのでどうしてもネガティブな方が感情では強く認識してしまうみたいです。

 

ここからは僕の言いたいことなんですが

 

ポジティブにアクティブに行動出来るという人は少数派で

 

ネガティブに慎重に行動出来るという人は多数派

 

なんじゃないかと思います。

それはマーケティングデータからも得したいからリスクを取る!なんて人はそんな多くないだろう!

っていうのがほとんどなんですよね。

 

営業マンが嫌われるのはそういうネガティブなイメージで見られるのはそういう心理があるからだと考えられます。

 

ここではネガティブな人の方が強いと結論が出ましたね。

 

ポジティブな人は成長が早い!

 

人の成長に欠かせないものは失敗を学習する能力と高い継続力なんですよね。

 

ポジティブな人は何事も前向きに捉えるので失敗したことを次の教訓にすることを好み

ネガティブな人は何事も後ろめたい風に捉えるので失敗しないために自分が成功する土台しか好まないです。

そのなると、失敗したエラー分だけ学習する人と失敗なれをしていない人では凄いアウトプット量に差が生まれてしまいます。

いつも挑戦している気持ちがないと新しいキーワードに対しても積極的に情報を発信しなくなるようなことと同じです。

 

いつも記事を作るのが遅いと悩むのなら

どうして遅いのかを考えて見ましょう。するときっとこう答えが出てくると思います。

自分にとってまだまだ伝えたいことが上手く表現出来ていないって。

 

ひょっとしたら

 

それをカバーするために

 

リサーチのしすぎやリライトのやりすぎに繋がっているのかもしれません。

 

いづれにしろ、この場合の悩みがあるとしたら自分の書きたいことを書ける感覚を養う必要があるのが最終的なゴールです。

 

そのゴールするために逆算して必要なものはまずは自分の言葉で説明することですね。

緊張したり、変な表現するかもしれないな~って思いますがそこでも必要なのはちょっとした楽観性です。

さらにさらに楽観的になるにはいつも笑顔になるとか、面白い趣味に取り組んでみるとかたくさんありそうですね。

 

そういうわけでポジティブになればなるほどアウトプット力が高くなる可能性があるというお話でした。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、
普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。
僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分
もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?
って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、
なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な
要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について
・マインドセットをバカにしてはいけない理由
・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?
・ユーザー目線とアフィリエイト視点について
・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正
しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

 

 

メルマガ登録はこちらから