文末にはツイートを埋め込みました! これだけ覚えて帰ったら十分に役に立てます!

 

 

 

 

 

こんにちは 工藤拓哉です。

 

PPCアフィリエイトユーザーには残念ながら悲報があります。

 

ニュースサイトを覗いていたら、PPCアフィリエイトはもうオワコンという文字がぶっ飛んでいたのでどうしてかな~?

 

っと思っていたら、2019年6月3日にはこのようなことを実施するということがありました。

 

 

 

そして、『PPCアフィリエイトを専門としているアフィリエイトユーザーのサイトは一切受け付けませんのでよろしくお願いします~。』みたいな感じで突然言われても困りますよね?

 

ということがこのようなPDF内の記載を確認しました。

 

 

 

本当に悲しい話ですが、1日でもアフィリエイトで稼ぎぬく戦略について今回はお話しようと思います。

 

これだけは言えますが、

 

つまりはもう個人で稼ぐアフィリエイトで使えるのはSEOのみとなる可能性が相当高くなったわけなんですよね。

 

だからこそ、チャンスは激減したと落胆するのは普通の人だと思います。

 

PPCアフィリエイトと言えばライティングの実力がなくても成約率でカバーできれば儲かるという話は僕のところにはよく聞きます。

 

法人には優遇されて個人には冷遇するプラットフォームとして変わろうとしている

 

まず審査が厳しくなって事実上、法人が運営するような超本格的なサイトのみPPC広告を受け付けるという形を取るというのはあくまでも低俗なサイトが広告運営するのを回避するためだということですね。

 

ヤフーにとってはブランド価値を下げるようなサイトが今まで野放しになっていたことから一番の被害者を真っ先に受けるのはヤフーJAPANなんです。

 

審査を厳しくするなどの動きを見せましたが、

 

年々アフィリエイト業者に力を入れているユーザーも増えてきたことだし、

 

何よりも需要と供給で言えば低俗なコンテンツを審査で弾き飛ばしたところでいくらでもお客さんがいるということから一つのプラットフォームとしては成熟したということなんですね。

 

それで今回の場合

 

締め出す対象としては個人運営しているサイトに絞ったということですね。

 

はい、そうですね~

 

ってレベルで納得する方なら別に何にも問題ではないのですが

 

今までPPCをメインに稼いできた人にとってはこれほどまでに大きな問題であるしかなり厳しい状況に追いやられた人も中にはいることでしょう。

 

というかPPCで稼げなくなった人がこれからSEOに参加すること考えると少しだけアフィリエイトのライバルが増えてくる動きがあるかもしれないですね。

 

またここで競争が始まるわけです。 SEOキーワードの隙間がまたこれで減りましたね~。

 

ただあくまでもビジネスの本質=利益を獲得するのが営利目的でやることです。

 

誰かが困らないことには一生停滞するままですし、

 

誰かの恩恵を与えることで一つ運営方針が変わるということですね。

 

今回の一見でだいぶ法人が運営するものにとっては少しだけ恩恵を受けて個人が運営するものにはかなり厳しい処置となりました。

 

PPCアフィリエイトには逃げ道がない

 

今回の一見でわかるのはYahooはガチで審査基準が厳しくなったということですね。

 

以前の審査ならそれほど厳しくないと聞いております。

 

実際にやってみて相当上手いことやっていれば隙間はありましたし、これから実践しようと考えていた方には残念ながらここでPPCアフィリエイトという分野はフェ ードアウトする見込みと解釈してもまったくその通りなんだからしない方が良いです。

 

一度規制がかかったものが緩くなるということは、どう考えても過去からの実例というものがありません。

 

強いて上げるとすれば、YouTubeの収益化の規制が若干緩くなったことは最近の実況動画系のものを観ればその声はあるようです。

 

しかし、それは動画を観ているファンが声を高々と上げて抗議してやっと運営が動いたという程度のものです。

 

実際の所プラットフォームの運営責任側の立場になって考えると今までがすき放題やっていたコンテンツユーザーの多さに耐えられずこういった非情とも思えるア フィリエイト広告系のサイトを締め出すことに決めたんだと思います。

 

PPCのおかげで稼げたのは、そこを見出したあなたの着眼点があるからこそですが

 

悪あがきして、文句を言っても向こう側の心証が悪くなるだけです。

 

ビジネスってシビアです。

 

少数を殺して、多数が生き残れる戦略を描いた世界でもあります。

 

だからたまたまその少数派となったあなたのような人間の戯言など聞く耳など一切もたれません。

 

それがビジネスの掟ですね。

 

それに、

審査員にかける費用を考えると、こんなばかばかしいようなコンテンツに時間などかけていられないのでそういう動きをとったんだと個人的には思っております。

 

一度決まってしまったことを覆そうと思ったり、抜け道を使って審査員を欺くというのならガチでブラックリスト会員になる覚悟ですね。

 

2018年の頃からそういう広告として扱ってもらえないというようなことがありましたし、今回の一見でもう完全に対応することは無駄だという見せしめの意味でも 公開した意図というものを感じております。

 

もう諦めてください その代わり新しい方法で乗り切ってください

 

PPCアフィリエイトは個人アフィリエイターのものじゃないです。

 

これからの時代は法人専属のものとして活用されるものだという認識だと改めましょう。

 

ただし、PPCアフィリエイトの全てがダメになるわけじゃないです。

 

Googleの方もまだ広告として出そうと思えば使えるレベルです。

 

いきなり0円になるというリスクではまだないし、6月3日まではまだまだ通常運転で利用することは可能です。

 

PPCメインにやっている人なら収益の7割程度は下がるでしょうけども

 

いずれはGoogleの方にも同じようなアフィリエイターさんがPPC案件として持ち出すことでしょう。

 

ライバルの動きを見ると、稼ぎ抜くにはGoogleの広告費用以上を見出すだけのコンテンツを配信しないと確実に生き残れないですね。

 

実行される前の6月3日までの間は最後の思い出として存分に使えば良いでしょう!

 

ここから先は個人アフィリエイターとしての生き残り方の話になりますが、

よろしいでしょうか?

 

 

実は僕はPPCアフィリエイトするだけの能力があれば、別にどの分野に移行しても生き残るだけの力があると思っています。

理由としては

 

1.ユーザー反応が他の分野よりもよく知っているはず

2.上位表示にドカンッとおかれてサイトの見せ方をよく理解出来ているはず

 

広告費使って上位表示にならないわけないから、それで利益を稼いでいたのならこれからの時代はオウンドメディアとなる自分のサイトをSEOとして戦えばいい だけの話です。

 

 

簡単に言っていますが、事実なので

SEOに切り替えて勝負するほかありません。

 

今までの旨みをPPCで味わってきたからこそ金払ってアフィリエイトしてきたんですよね?

 

違いますか?

 

なら生き残れるはずです。

 

なぜなら、生活費も満足に稼げないアフィリエイターも多いですし

ましては、1円も稼げない奴だっているんです。

 

よってあなたは

相当アフィリエイターとしての上位であることはこの僕が認定しましょう。

 

そもそも、SEOで負ける人というのは反応を取る前に消えていなくなった貧弱な人達なんですよね。

ただ、利益を稼いで事のある人間というのは本質的に何をすれば人が喜んでくれるのかを理解してページを作っています。

 

その代わりSEOになれるためには

 

○キーワードの扱い方

○画像や文字量などのライティングテクニック

 

あるいは

 

ストレスを与えない文章術やコピーライティングなどが必要です。

 

けどね、

 

そういう悩みがあるというなら、今から猛勉強して実践あるのみなんですよ。

 

それに関してはSEO元々経験している人もいれば問題ありませんし、

 

今までの経験から言えばむしろ危ないのはSEOでろくに稼げていない人達です。

 

それを望まない人達はちらほらツイッター上で見かけましたよ。

 

本題に戻りますが、

 

根性とかそういうのじゃなくて、生き残りをかけてガチで軌道修正する必要があるというただの一般論です。

 

いいですか?

 

生き残りをかけるということは、

 

これから先は一切

 

(ヤフーの)PPCアフィリエイトのことをきっぱり捨てるということです。

 

まずはここからが第一ステップなんですね。

 

今までの成功体験は全て捨ててください。 ← 偉そうだけどここを乗り越えないとアフィリエイターとして詰みます。

 

SEO戦略を考えているというのならオウンドメディアのいろはをここでとりあげますよ。

 

諦めたら試合終了です。

 

切り捨てる覚悟を持て

 

それとここまで来るならもう精神論です。

 

ビジネスって言うのは、好きか嫌いかでやるものです。

 

嫌いなら辞めればいいだけの話です。

 

ここで諦めたらその程度の器ということです。

 

ただその程度の器だとして、それ以外の方法で稼げるならそれもまた正解だと言えるでしょう。

 

だからね!

 

逃げないと決めたのなら勝負しないと!

 

そうそうそういう記事も書いてある通り

 

ネットビジネスで成功の法則 小さな覚悟を確実にこなすということ

 

やると決めたのなら覚悟だけは決めましょう。 覚悟もしない中途半端な人間だとしたらおそらく僕のメルマガ登録したところで良い結果は望めません。

 

シビアな世界なんだから、腹をくくってやる覚悟を持ちましょう。

 

ではでは。 メルマガ登録していただいたら当然、オウンドメディア構築について情報公開しておりますのでぜひぜひご登録の方をよろしくお願いします。

 

 

そうそう5月22日で追記ですが、

このような記事を書きました。

PPCアフィリエイト⇒SEOアフィリエイトへ 一体何をする?

 

 

 

これからキーワードでアフィリエイトするという方はこれとセットで読むとよりマーケットについて理解出来るし、

何よりもブログから集客する上でのポイントを解説しておきました。

 

 

 

メルマガご登録いただく前の約束事!

↑ 5月13日 追記のコメントより!

 

PPCアフィリエイトでは限りなく法人向けのコンテンツとして進化をすることでしょう。

 

SEOアフィリエイトはこれからの時代もっと過激なキーワードクオリティーの高くなるものとして認識する必要があるということです。

 

今も稼げない人やこれからSEOに向けてコンテンツ作成している人に向けてのご案内となりますのでよろしくお願いします。

 

SEOをすることにおいて本当に大事になってくるものは何かと言うと

 

マーケティング思考

 

となる部分です。

 

 

自分の価値をわかった上で、

 

市場で書き続けられるものを提供出来て初めてキーワード戦略で勝ち取ることが可能だということです。

 

逆にそれが理解出来ないなら一生アフィリエイトで稼ぐのは無理だとここでは断言しておきます。

 

もし以下の2種類のキーワードをお使いになるのでしたら確実に時間だけが無駄になるので要注意です。

 

それはなにかというと、・・・・・・・・・・・・

 

 

レッドオーシャンキーワード

(自分が執筆出来るレベル以上でないと生き残れないキーワードのこと)

 

未開拓キーワード

(ライバルはいないけど需要がないキーワードのこと)

 

その2種類のキーワードの選択するのはNGです。

 

SEOで勝つということは知略で勝つための準備が必要です。

 

ここで一つ告知しておきますが、僕のメルマガのところにはこんなのがあります。

 

 

 

これは僕が無料商品としてPRしておりますが、なぜこんなことをしているのかというとリストを確実に獲得するための戦略として

使っているからです。

 

一つ覚えておきたいのが、“フリー戦略”と言います。

 

 

特典を与えるから、メルマガに入って欲しいという誘導するためのポイントとして利用出来るのがフリー戦略の最大のメリットです。

 

 

ここではそれ以上詳しく言うとくどくどしい告知となってしまいますので控えますが

 

SEO分野に参入するという方はまずはこちらの特典にある

 

○マーケティング戦略

○キーワード戦略

 

 

この2つを改めて学習して実行してください。

 

それにこのフリー戦略というのはSEOに勝つためにもあなたに覚えておく一つの単元なんですよ!

 

これはリスト獲得するためにビジネスをして、

最終的には最強の集客ツールとしてマーケティングを成立させるための一つの手法なんです。

 

 

SEOを学んで

リストマーケティングをも学ぶ

 

それこそが、PPCアフィリエイト脱却してもこれからの時代は稼ぎぬくことにおいて最重要課題となることは僕のメルマガにて告知しております。

 

登録しておよそ、2日以内にはあっという間にキーワード戦略やリスト獲得についても

解説しているし理解出来るものを特典として持っておりますので。

 

 

ご登録の方をお待ちしております。

 

 

こちらがメルマガページのバナーとなります。

 

ではでは。 工藤拓哉でした。