これですぐ記事が完成しちゃう方法!

 

こんにちは、工藤拓哉です。

 

今日は記事を作る時間が長すぎて困っている人にむけてこのようなコンテンツを作ることになりました。

というわけで

 

今回はテーマはずばり

『売れる記事タイトルのコンセプトを決められる方法』についてお話をしようと思います。

 

記事を作るというのは想像以上に大変です。

何が大変なのかというと、どんな適当な理由や戦略があったとしてもブログで集客するのが当たり前だからです。

集客できない人間に何も出来ないのがWebビジネスなんです。

 

アフィリエイト初心者が一番苦戦するのが、そもそも記事が作れないって悩みですね。

経験者でもたぶん記事を作るのは大変です。

 

僕がこの業界に入って1年目くらいになりますかね?

 

1記事30分で過去にメンターの方から指摘されたことがありますが、それは今でも守れておりません。

適当なことを言って記事を作る危険性についてはこちらにも書いてあります。

 

パワーサイト運営方法について(アダルトでも普通の物販でもですが)

世界感の構築でコンテンツビジネスをしましょう!

 

 

ただ言えるのは、

記事を作るのは一度自分自身の分身を頭で作るくらいの発想力がないことには記事を最短で作る

キーワードに対する思考瞬発力というのが身につきません。

 

 

それはともかくとして、今回は以下のようなことをまとめて書いておきましたので参考までに役にたてたら本当に幸いで すね。

 

1.記事を作るのはどれくらい大変かを想像しよう

2.思考回路マックスでキーワードリテラシーを高める方法

3.1時間当たりの総合コンテンツ生産量を上げる方法

 

この3つを今回は思いっきり書きました。

 

 

リサーチは糞大変な作業

 

検索キーワードを想像する・・・・・・

 

・需要のあるキーワードなのか?

・検索しても答えになっているのか?

・競合サイトと比較されたときに上位検索10位に入れるのか?

 

自分の表現で言い表す必要性・・・・・・

 

・自分ならこう切り返す表現があるのか?

・伝えたいコンセプトが明確になっているのか?

・2000文字以上のコンテンツとして成立する記事タイトルなのか?

 

これ即ち

自己表現できるコンテンツ と 需要のあるキーワード

この2つを天秤にかけて文章シナリオを用意できるのかが正しい判断する必要があるんです。

 

 

 

全てが疑問から始まり、最終的な結論や答えによって導かれる文章コンテンツのシナリオというものがなければなかなかブログで記事を作るのが難しいです。

僕はアフィリエイトの雑学系のブログを2つありますが、合計で250記事以上作っている今もなお頭が痛くなくくらいに下準備だけでも40分以上は時間をかけてしまいます。

ただ闇雲に記事を作るのは過去の記事でも書いてあったように

メインコンテンツの方向性のブレの原因になるので、リサーチだけは糞マジメにキーワード選定などをしています。

世界感の構築でコンテンツビジネスをしましょう!

 

 

ま!これは人それぞれの感性があるんだろうし、SEOには絶対の答えがないから深く悩む必要がないとはいえ

アフィリエイトに詳しくなればなるほど、どういうわけか記事の書くスピードというのが遅くなるんじゃないかと僕は思います。

理由を上げますね?

 

売れる記事を作ることを目的にするとかなりマーケティングセンスを頼りにした記事の書き方をする必要性があります。

 

んでそうなるとどうなるのかというと

 

記事を作る前の下準備では相当頭の思考回路にはユーザーの声をマーケティングしておかないと記事を書くことが出来ないです。

そりゃもうあれですよ。

マーケティング思考が鋭くなるほど何を目的に記事を作ればいいのか悩んじゃうかと?

 

視界に入る文字がたくさん作れるから凄い凄いって言えちゃううちはただの素人アフィリエイターです。

売れる記事の本質を理解している人が本気で作った記事だと見分けられるのが稼げるアフィリエイターです。

そんなもんどうやってわかるかって?

僕はノウハウ買って、質問しまくって勉強しまくりました。

インプットを極めたんですね。

 

このインプット量が増えたらその分だけキーワードについては悩まなくて済みました。

 

 

MAX1時間書けてでも良いコンテンツが作れれば上出来

記事を作る行為そのものは日ごろの行いで決まると言っても過言ではないです。

 

コンテンツを作るには、思考力と発想力それと知識量で決まります。

 

アフィリエイト歴が長くなればなるほど勝手に知識量が増えるからどんなド素人でも記事を書き続けたら

勝手に1時間あたりの生産できる文字量が勝手に増えて作れるコンテンツそのものの質は上達しますw

 

ただ、ある一定のレベルを超えたあたりから半分くらいのアフィリエイターは記事を書くスピードって落ちてくると僕はちらっと説明しましたが

本当になまらスピードって落ちてしまいます。(なぜか北海道弁w)

 

売れる記事の本質を理解してしまうと、スピードって落として代わりに考えることが同時に増えちゃいます。

 

例えば

 

・このキーワードを使えば検索にヒットされやすいのか?

・これをこういう言い方にすれば被リンクに落とし込めるのか?

・過去の記事よりも質のあるコンテンツを作るためにはこれだけじゃ物足りないよな?

 

投稿している記事数が50記事を超えたあたりから、だいたいSEOについて理解が嫌でも追いついてしまいます。

それが故に、

 

・過去の記事が感覚的にキモいように思える

・ターゲットを絞れていない記事があるのが気になるようになる

 

これが記事を書くのにスピードを遅らせる原因になるのかもしれないです。

とにかく初心者でも中級者でも意識するのはスピードが落ちた部分をどうやってカバーしていくのかを考える必要ってどこかにあります。

これだけはいえますが

良い記事を作ろうと思えば思うほど相対的にスピードが落ちるのは基本的な法則だと思って置いてください。

自分がターゲットとしようとしているものを狙うほど何を書けばいいのかを悩むのがSEOライティングならではの苦しみなのでそれを乗り越えるためには

 

○ど根性

○慣れ

○インプット量

この3つです。

ライティングスピードを上げるには勉強あるのみ

ライティングスピードを上げるということはつまりは

感覚的に文章を作れる技術を手に入れることです。

そのために必要な作業は

1.自分のコンテンツがゴミだと自覚すること

2.クズやゴミが簡単にマネ出来ないレベルまで何度も文章を練り直す

この2つだけでOKです。

それを繰り返したら、アフィリエイターのゴミ共がコピペしたくなるくらい文章が上手くなります笑

これはガチです。

SEOライティングさえ極めておけばアフィリエイターとしては10中8.9は成功したようなものです。

このコンテンツは後で

 

・YouTube撮影するネタにでもなるんだし

・ツイッターやFacebookの拡散できる

 

コンテンツとして資源価値があれば勝手に管理者であるあなたが意図して拡散することが出来るように仕組み化すればもう勝ち組ですw

自分のコンテンツに自信さえあれば後はいくらでも、違う形にリライトしまくって複製すればいくらでもネタは引き出せるようになります。

 

それと

 

人間って失敗して初めて学習するわけなんですね。

 

いきなり成功するなんてことはよっぽど文章のコピーの才能がなければ成立しません。

 

質の悪いアウトプットを繰り返しながらも質の良いインプットを繰り返すだけで勝手に

集客出来る記事

売れる記事

読まれる記事

役に立つ記事

 

なんでも記事は作れるようになります。

 

質の悪いアウトプットの定義とは“ただ闇雲に作業している人”のことを指します。

パワーサイトを作る場合は、自分の持っているライティング技術を上げておかないとこの先の集客出来るブログ作りは
困難を極めます。

 

故に、アフィリエイトで稼ぐ前に挫折をするはめになるものです。

ただ適当にキーワードを羅列させたようなキモいコンテンツってそこらへんの中学生でも書けちゃうのでそんなものはゴミコンテンツとして認識されて

GooGleから『そんなカスコンテンツ作るんじゃね~よカス!』って言われるのが関の山です。

 

記事数だけを増やそうとすればスピードは確保出来てもまったくもって評価されないコンテンツだけを量産していくこと になるので、無意味な行動となっちゃうんですね。

僕はそれを以前のブログで腐るほど自覚したので僕みたいになりたくなければあえて

ゴミコンテンツでもいいから最低でも2000文字以上を1時間以内で作りきることを推奨します。

 

そのゴミコンテンツの量産するという行為は、ただただ不合理だと思える時間の消耗のように思えますが
実はこのプロセスが目と脳みそが腐るほど大事なプロセスだったります。

 

クソコンテンツ量産してアップロードしても誰にも認知されず、悔しい思いだけが残りますが
それでいいんです。

 

そのクソみたいなコンテンツが後から加執修正するなり、添削を繰り返せば元々あったクソゴミコンテンツでも幾分かマシになってくるんですね。

元々ゴミクズも同然だった記事を何度も何度も直しているうちに本当に自分が理想としている記事の書き方というのがどんどん完成されていきます。

 

 

時間はかなりかかりますが、

コンテンツのレベルが上がっていくにつれて明確なテーマが浮き彫りとなってくるためそれが自分が書き描いている記事のコンセプトとなっていきます。

 

コンセプトの部分が明確になればなるほど、のめりこむように主体的に狙いたいキーワードがどんどん思考回路に混じってくるようになるので自然とSEOライティングが構築されていくものです。

 

いづれにせよスピードを上げるのはこの基礎の部分が固まってからでもいいです。

 

サイトのコンセプトを外堀から埋めていけば後は勝手に内側からネタをこれ以上かってくらいにネタが沸いてくるので、結論を言えばサイトのコンセプトをある程度まで絞ればリサーチ作業を闇雲にやらなくてもサイト構成に相応しいネタがすぐにリサーチ出来るようになります。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、

普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。

僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分

もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?

って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、

なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な

要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について

・マインドセットをバカにしてはいけない理由

・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?

・ユーザー目線とアフィリエイト視点について

・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

 

メルマガ登録はこちらから

 

自由 > 仕事