SEOの真実は恐ろしい。

 

こんにちは工藤拓哉です。

 

今日はSEOに振り回されないで自分の世界感を構築する方法についてお話をしようと思います。

 

世界感の構築と言えばこのような記事を作ってありますのでぜひご覧になってみてください。

 

世界感の構築でコンテンツビジネスをしましょう!

 

そもそもSEO対策する意味について

 

多くのアフィリエイターにとってストレスをためてしまうのがたぶんSEO戦略についてだと思います笑

 

適当に需要のありそうなキーワードを狙って

↓ ↓ ↓

記事タイトルと内容とマッチする本文を作って

↓ ↓ ↓

本文の話から逸れないように見出しを作って

↓ ↓ ↓

最後に結論に持っていく

 

これを100記事くらい作ると過程してこれを繰り返すとどれくらい労力として換算していいのか?

 

本当に途方もないくらいのエネルギー量が必要だと思います。

 

この精神的にも消耗する作業をするのに、一体どれくらいの比重で時間をかけていいのかたぶんわからないし

SEO対策したからと言ってすぐに結果が伴うわけじゃないので本当に精神的苦痛の大きいのがこの検索エンジン最適化する対策の部分です。

 

これをまともに100回もやっていたらそれこそ精神的におかしくなりすぎて

それで結果が出なかったときは精神的ショックが大きすぎてまともに作業できなくなるときがどうしてもあると思います。

 

ここでは、SEOに正解なんて求めないほうが良いということを断言しようと思います。

 

少しくらい手を抜いたほうが成功する

 

まずSEOを気にしすぎてしまう人の心理についてちょっとここでは触れてみたいと思います。

 

上位検索を狙うことが全てだと考えて記事を作る下準備の段階で相当な気合と覚悟でライバルサイトにあるコンテンツよりも良いものを作ろうとしますが

作ったところでそれが100%ライバルよりも評価の高い記事になることはあまりないです。

 

どうしても意図的に検索順位を上げようと思うなら需要をしっかり理解してから情報発信したほうが結果的にアクセスポイントになる可能性が

高くなります。

 

ヒットする確率よりも母数です!

↓ ↓

アフィリエイト マシンガン連発するくらいで丁度良い

 

 

可能性で言えば20%もあればいいところです。

 

残りの80%はせっかく作った記事も無駄死にするという解釈せざるおえないでしょう。

 

ここで“20%”“80%”という単語を使う時点でかなり怪しい表現ですが少なくとも僕の経験論ではそうです。

 

100記事書いて、5記事くらいしか当たり記事がないのが僕の現状です。

SEOにいくらこだわったからと言ってその法則通りに事が進むことはまずはありえないでしょう。

 

どんな実力があったとしても、当たり外れで何度も記事を作りまくってようやく何記事くらいかは上位表示されるかされ ないかの世界だと言うことを

本当に理解していないと精神的にやられてしまいます。

 

 

だからこそ100%売れる記事を作ろうと思えば思うほど泥沼にはまる心理というのがそこにあります。

 

商品をアフィリエイトしたい一心ですることはとても大事ですが、

 

SEOにこだわる= 当たり記事を物理的に増やす という認識でOKです。

 

それ以上のレベルで求めてくると、たぶん宇宙人クラスの天才でもない限り戦略的に処理が追いつかなくなると僕は考えます。

 

 

SEOよりも需要のあるキーワードを選択すべし

 

僕はさっき『SEO対策とは』ってグーグルで検索してみました。

 

調べてみて分かるものは

・ホワイトハットとブラックハットSEO

・被リンクの増やし方

・グーグルの理念

・ユーザーファーストについて

・ユーザーニーズ

 

かなり大雑把にかきましたが、具体的にSEOするためには何をすればいいのかまでは書いてありませんでした。

 

SEOの意味とは、検索エンジン最適化することなので抽象的な分野です。

具体的な理論はどこにも書かれていないし、本質的なノウハウについては人それぞれの解釈がありけり、

しかも、“SEO”と検索しただけなのに人それぞれの意見が違いすぎています。

 

SEOって想像上でしか存在しないもので、それに囚われて盲目的にやっても別に正しい方向に転がるという確証がどこにもありません。

 

いいですか?

 

SEOについて偉そうに語っている人ほど実は、専門書みたいなことしか言っていないと僕は思います。

SEOを正しく理解して、どう解釈して、自分のコンテンツに良い方に反映させるかですがSEOについての解釈を間違えると後から

修正するのがめちゃくちゃ大変だから闇雲に鵜呑みにも出来ないです。

 

それに、

どこにもSEO対策してみて、どう改善出来るのか?

 

直接バカでもわかるようなSEOについての理論は誰も語っていないです

 

僕はこのブログを立ち上げたときはSEO丸々無視していましたが、記事数増やしてから検索エンジン最適化について考えながら内部リンク強化のため記事を投稿しています。

 

参考記事

パワーサイト運営方法について(アダルトでも普通の物販でもですが)

 

別に特別なことは僕もしていないし、誰も何か特別なノウハウを使ってSEO対策しているなんて情報はインターネットを調べる限りではあまり出回っていない情報です。

ここで結論を言います。

 

ユーザーファーストに記事を作ったほうが良い

 

これは僕の結論です。

その理由は、検索キーワードに対して的外れな事が書かれていたらどんなに良いコンテンツでもそのページは評価されないです。

 

SEOというのは段階踏んで理解しておけば少しずつSEOライティング力というのが必ず養うことが可能です。

 

レベル1 記事タイトルと本文の内容が一致している

レベル5 見出しがあって、なんとなく読む前でも伝えたいことが雰囲気でわかる

レベル10 赤文字や太文字、黄色いマーカなど使っている

レベル15 文章パフォーマンスが2000文字超えている

レベル40 内部リンクの仕掛けがある

レベル55 画像やグラフなどの資料が盛り込まれている

レベル70 管理人の吹き込みコメントなどがる

レベル90 被リンクと外部リンクの誘導するまでの案内が違和感なし

 

初心者でもSEOライティングする際には1週間も訓練すればレベル15まで達することは可能です。

 

物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトクラスになるとレベル90になるまでいろんな視点を持ってライティングする

必要があるので知識はたくさんないとなかなか厳しいのが現状ですね。

 

ま。とはいえ、

 

前者:SEO対策

後者:コンテンツの読みやすさ

 

どっちを追求したほうが早く結果を出るのかは後者の方です。

 

前者の方は個々がやっているブログでどんな文章を書いているかで全然対策法法は違うし、テクニカルなアドヴァイスを送るのは非常に難しいです。

第三者の目からみても、どこをいじればいいのかは客観的事実に基づいて対策する方法が現状では見当たらないのでご自信の解釈で実行する必要があるのです。

 

解釈するということは正しい方法マニュアルなどを厳選する必要があるので必ずしもそれが良い方へ修正されるかどうか はどこにも確証がありません。

下手にSEO対策なんてする方がリスクがあるので、非常に難しい分野なんですね。

というわけでブログを作り始める前の段階からSEOについて理解しておくとより結果を出すのが早いです。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

どんなビジネスでもそうなんですけども、

普通のことを普通にやっただけだと平凡な結果に終わります。

僕の所ではそういうマーケティング思考で終わる人が多いです。

 

実を言うと僕もアフィリエイトに関して言えば苦手な部分

もありましていつ稼げなくなるかわからないので常にインプット作業はしております。

 

夢や希望を叶えるには常に勉強しないといけないのか?

って思うじゃないですか?

 

楽して稼ぎたいと正直思っているけど、

なんだか難しそうに考えているんじゃないかと思います。

 

っというわけでこの特典にはアフィリエイトで一番大事な

要素をたっぷりファイルにまとめておきました。

 

内容的には

 

・マーケティング思考について

・マインドセットをバカにしてはいけない理由

・簡単に稼ぐにはどうすればいいのか?

・ユーザー目線とアフィリエイト視点について

・独学だけで知識を上達させる方法について

 

内容は盛りだくさんで定期的に内容のアップデート修正しておりますので

 

新しい特典できましたら、さらにプレゼントする予定です。

 

こちらのフォームから簡単に登録できます。

 

メルマガ登録はこちらから

 

自由 > 仕事